意外とsuperstitiousなオンライン英語講師、Harukaです。

今日は学校のオフィススタッフと「またコロナの感染が広がってて嫌ね」と会話したときに、同時に同じ言葉を発してほんわかした空気が流れました。その言葉について解説します。

↓ブログランキング参加中↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

Touch wood | Knock on wood

会話の内容はこんな感じでした。コロナの感染増えてるね〜の流れから、

オフィススタッフ:Have you caught it yet? (いままででもう感染した?)

私 :No, and not planning to! What about you? (いいえ。そしてその予定もないわ!あなたは?)

オフィススタッフ:Luckily I haven’t, either! (ラッキーにも私もないわ!)

お互い:Touch wood!

この NZでよく使われるTouch woodは、アメリカだとKnock on woodになりますが、意味は同じで「この幸運がつづきますように」「今後も不運に見舞われませんように」な、おまじないのようなものです。

木(製品)は悪い運を避けることができると信じられているようです。「木には精霊が宿る」と言われていることがもともとの由来だそう。たたくときはコンコンと2回がお約束です。

今日はお互い“Touch wood!”と言いながら、それぞれ木製のカウンターや椅子を触りましたが、ただ口で言う場合も、逆に口では言わずにただ木製品を触った(touch)り、コンコンとたたいた(knock)りすることもあります。この表現を知らないと「なにをしてるんだろう?」になりそうですよね。

Don’t jinx it!

上の Touch wood とセットで覚えておきたいのが Jinx の英語での意味。日本語で「ジンクス」というと縁起の悪いことだけでなく、良いことにも使いますよね?!

英語でJinx(ジンクス) というと「不運をもたらす」というかなり悪い意味なので、気をつけましょう。そして、jinxを振り払うために Touch wood/Knock on woodする流れもお決まりです。

上の会話を少し変えると・・・

オフィススタッフ:Have you caught it yet? (いままででもう感染した?)

私 :No, and not planning to! What about you? (いいえ。そしてその予定もないわ!あなたは?)

オフィススタッフ:Luckily I haven’t, either! (ラッキーにも私もないわ!)

私:[木製品に触れる/コンコンたたいて] We don’t want to jinx it! / Don’t jinx it! (不運を呼び寄せたくないから今のナシね!)


みなさんは、いままでどんな英語の迷信を耳にしたことがありますか?!迷信には文化や思想が強く反映されていて、一度知ってしまうと気になってしまうのが困りものです・・・。
↓ブログランキング参加中↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

By Haruka