NZの英語が仕事で主婦で母なHarukaです。

今日は親戚たちと飲んでいて、ロト(宝くじ)の話題になった。ふとみんなで「一等当たったらどうするか」で盛り上がり始めた。

多くは「家を1~2軒買って、残りは投資に回して、もちろんリタイアして人生楽しむかな」と言った。みんなどのエリアにどんな家を買って、どんな投資をするかで盛り上がり始めた。

そこでおじさんの一人が私に「Harukaならどうする?日本にも家買う?」と聞いてきた。

私は「子どもたちの面倒を見てくれるナニーを雇って、娘の障害と難病のためのドクターを24時間オンコールでキープして、私は学校に再び行って学んで、さらに仕事にも思いっきり打ち込むかな」と言ったら、ジョークだと思われた。

私は本気だ。

私は、今の人生はすでにロトに大当たりしたようなものだと思っている。日本という平和な国に生まれて、食べ物や住む場所に困ることなく、選択肢を無限に与えられた人生を生きてきて、今だってニュージーランドという素敵な国に住む権利をもらっている。

こんなに運に恵まれた私は、もうロトに当たるわけがないと思っている。そして生まれながらにして大当たりしているんだから、それをこれからどう生かすかを考えて行動するのが私のすべきことだと思っている。

英語を学ぼう、英語を学びたい、そう考えたり悩んでいるあなたも、きっとロトに大当たりした人のうちの一人。

その大当たりをどう運用していくかは、全て自分次第。そのまま大当たり券を握りしめてゆっくり生き続けるも、投資してどんどん大きくしていくことを目指すのも、どちらも自己選択

投資に多少失敗したって、大当たり券はまだ手にある。だから私は躊躇せずに、どんどん頑張ろうと思う。

なんてカッコいいこと言ったけど、当選金額が巨大になるたびに「ネタを買うんだわ」と戯言を言いながらロト売り場に並んでいるのは私。


引き寄せの法則に最高にすがる瞬間


<ブログランキング参加中>クリックして応援していただけると嬉しいです↓
にほんブログ村



By Haruka