私は、ユーモアセンスのあるアジア人女だと思われている。

家族や友人知人のみならず、ちょっと入ったカフェのウエイターさん、スーパーのレジのスタッフなどとも軽い会話をし、笑いを取る。

私はどちらかというと、面白い方だとは自覚している。ただ、斬新な笑いセンスを持っているわけでは決してないが、キウイの友人たちからは「予測不能なユーモアが最高」と言われる。

なぜそんなポジションに普通の主婦の私が登りつめたかと言うと、「日本の笑いをそのまま英語にして丸パクりしている」からだ。(大丈夫か、こんなこと書いて著作権などに抵触してはないだろうか)

思い出せる範囲で最高にウケたのは「カロリーゼロ理論」だ。

チャット内で友人Tが「パイナップルランプス食べ過ぎた」と言い、Aが「キャロットケーキが美味しくて止まらない」と懺悔してきた。

そこで私は「パイナップルと人参は果物と野菜でカロリーゼロ」と言うと、まず栄養学の博士号を取ろうとしているSが爆笑した。

続いてGが「M&Mを子どもが実験で使ったあと、私が全部食べちゃった。またお尻が大きくなっちゃう。」と言った。

だから私は「M&Mは食べ物とは思えない色味だから、食べ物としてのカロリーゼロ」と言ったら、後ろで聞いていたGの旦那さんが吹き出した。

それ以来、この友人たちは一緒にカフェやご飯に行くと、わざわざ店員さんの前で「これは、カロリーどう?」と振ってくるようになり、まさかの南半球でサンドウィッチマンの笑いが披露されているという、奇妙。

日本の笑いは、欧米の皮肉たっぷりなブラックユーモアとは違い、政治も宗教も絡まない、ライトな笑いが多い。

だから、文化背景が違う相手にも伝わりやすいし、みんなが安心して笑ってくれる。誰も攻撃をしていない笑いだ。


ラーメンつけ麺ぼくイケメンだけは、どうしても上手く訳せない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

By Haruka