インスタグラムで【一生に一度使うかもしれない英語】を更新中、オンライン講師のHarukaです。

昨日のブログで解説をした Instagrammable を使っていただけた方はいらっしゃるでしょうか?!どんな場面で、どういう反応が返ってきたか、ツイッターのコメントで教えていただけると嬉しいです。

今日は少しかしこまった言い方のコレを解説!

Due to

「〜のせいで」「〜により」
わたしのインスタでは、Due toを使ってNZの現状を嘆きました。

「物価上昇により、最近はバナナを半分こしなくてはいけません」※わたしのインスタ上の日本語訳はニュアンス重視になっています

Due toは、Because ofとほぼ同じ意味だと思ってもらって大丈夫です。ただ、Due toの方が少しかしこまった印象になります。「〜ゆえに」の感覚で使えば良いかもしれませんね♪

ちなみに toのあとには名詞(動名詞) が入ります。たとえば・・・(★名詞の前にunforeseenのような、そのあとの名詞を修飾する形容詞が入ることもあります)

  • Due to staff shortages, we are unable to open the store tomorrow. (人手不足により、明日は開店することができません)
  • We will be closed today due to unforeseen circumstances.(不足の事態により、本日は閉めます)

この上のふたつは、特にこのコロナ時代よく目にするものかもしれませんね。

そしてこのインスタ英語フレーズを通じて、NZの物価上昇がどれだけ衝撃的であるかも、ひっそり世界に発信してみました。報道によると、2022年1~3月期のインフレ率は6.9%となっていました。日本では同時期に2%とのことなので、なんとなく「やばそう」なことは想像していただけるかと。そうです、やばいんです!

インフレ率の高さはとりあえず置いておいて、これまではBecause ofを使っていた場面で、もう少しかしこまった言い方をしたいとき、Due toに置き換えて使ってみてくださいね。

インスタアカウント内には英語フレーズのリール(音声付き動画)を投稿しています。過去に投稿したリールは、すべてアカウントの赤い↓部分から見ていただくことができます。※音が出るのでご注意ください。

●インスタでの【一生に一度使うかもしれない英語】を【毎日使える英語フレーズ】にするための、より内容に深く切り込んでいくレッスンレポートはこちらの記事にあります。

●個人レッスンの詳細を知りたい方はこちらへ。お気軽にお問い合わせくださいませ。

ブログランキング参加中クリックして応援していただけると嬉しいですにほんブログ村

By Haruka