インスタグラムで【一生に一度使うかもしれない英語】を更新中、オンライン講師のHarukaです。

昨日のブログで解説をした First world problems を使っていただけた方はいらっしゃるでしょうか?!どんな場面で、どういう文章で使ったか、ツイッターのコメントで教えていただけると嬉しいです。

さて、本日解説していくフレーズは・・・

An attempt was made

「努力はしました」
こちらは文章をまるごと取り上げてみます。

※改めて見ると結構ショッキングですね、すみません!

わたしの ※ニュアンス重視 の日本語訳では「努力はしました」となっています。なるべく文の長さ的にも英語の方と似たような感じにしたいのでこうしましたが、本来は「いや、うん、、頑張ったよ?頑張ったんだけど・・・ね?(失敗)」みたいな表現をしたかったです。

こちらはmeme(ミーム)で流行ったもので、思わず「あちゃー」と言いたくなるような失敗系・脱力系の場面(画像や動画)で使われることが多いものです。もし良ければ”an attempt was made meme”のように調べてみてください。クスッと笑える画像がたくさん出てきます。

そもそもミームとは、ネット上で広められるインパクトの強いジョーク、またはネタ的な画像、動画、もしくは短い文章です。インパクトが強いだけあって、拡散力が凄まじく、特に若者たちの間では当たり前の知識となって瞬時に定着し、大人たちは使いはしないけど、当然意味(ニュアンス)は分かるというレベルの影響力を持っています。

そういった現実を知っているので、私は英語を上達させてコミュニケーションの質をあげたいと考える生徒さんとのレッスンでは、丁寧な言い回しだけでなく、こういった流行語のようなものも積極的に取り上げていきます。

さきほど「大人たちは使いはしないけど」と言いましたが、これは公の場の話で、親しい友人とふざけた会話になると、スラングもミームもどんどん出てきます。知らなければおそらく愛想笑いで流してしまいそうなものばかりですが、分かれば楽しさが何倍にもなるものです。あと、英語がネイティブじゃない人からこういうのが出てくると、きっと周りは嬉しいし、より楽しくなっちゃうと思うんですよね。

なので、「頑張ったんだけど・・・ね?(失敗)」なシチュエーションにツッコミを入れたい場合、ぜひAn attempt was madeを使ってみてください。チャットなどでやりとりしている場合は#anattemptwasmadeのように書くと、よりそれっぽくなりますよ♪

インスタアカウント内には英語フレーズのリール(音声付き動画)を投稿しています。過去に投稿したリールは、すべてアカウントの赤い↓部分から見ていただくことができます。外で音が出ると焦るという報告を受けていますので、ご注意ください(笑)

●インスタでの【一生に一度使うかもしれない英語】を【毎日使える英語フレーズ】にするための、より内容に深く切り込んでいくレッスンレポートはこちらの記事にあります。

●個人レッスンの詳細を知りたい方はこちらへ。お気軽にお問い合わせくださいませ。

ブログランキング参加中クリックして応援していただけると嬉しいですにほんブログ村

By Haruka