主婦歴14年。料理が嫌い。苦手。

だった。

私は食べることが大好き。美味しいものが大好き。だけど料理が嫌い。

だった。

過去に、「なぜ料理が好きになれないんだろう?」と冷静な分析をしてみた結果、理由は主にこの2つだろうという結論に至った。

1、家が散らかっている状態が嫌い。だから料理中にキッチンがごちゃーとなる感覚に、無意識のストレスを感じる。

2、旦那は低糖質希望(つまり肉!)、長男は基本なんでもオーケーだがラムは嫌い。長女はとんでもない偏食、食べないものの方が多い。そして私、肉が嫌い。

だから、毎回肉メインの食事を作ることが、私にとっては誰得状態なのだ。

そして、残念ながら気づいたのが「どちらも仕方ない理由・・・」ってこと。

それでも「好きを嫌いに!」と、自己啓発本のタイトルっぽい決意を持ち続け、素人丸出し誰得料理を載せたインスタをやってみるとか、自分なりの努力はしてみた。

そんな健気な【料理嫌い克服作戦】は、全く功を奏することもなく、相変わらずただ義務感を伴ったルーティンとしてこなしていたが、それにあっけなく幕を降ろす出来事があった。

ロックダウンだ。

そう、文頭で「だった」と言っているのは、今回の4週間ロックダウン中、「料理が嫌いではなくなった」から。

最近は午前中、長女の学校からの課題を2時間ほど手伝ったのち、11時頃から1時間以上かけてゆっくり家族4人、全員が好きなものをきっちり作る。

サイドに渡るまで、私が食べたいと思うもの、みんなに喜んでもらえそうなものをいっぱい作り、今まですっ飛ばしてた、もしくは適当に形だけやっていた下ごしらえもきちんとするようになった。この前のかぼちゃの面取りなんて、何年ぶりにやっただろう・・・。

そういえば、いつも平均点だったな、私の料理。時々まぐれで「あらやだ、美味しい・・・」があった程度で。

この4週間は、時間の制限もないから、きちんと片付けながら進め、ひとつひとつ丁寧に作る。

そうして作られたご飯はちゃんと「あらやだ、美味しい」し、そのためにする料理は別に嫌じゃないと、14年経って今さら気づく。

今までの14年間のストレスよ・・・!

私にとってこのロックダウンからの一番の収穫は、主婦業の中の大きなウエイトを占める「料理」が嫌いじゃなくなったこと。

ただ、まだ「好き」ではない。
油断はできない。



人気ブログランキング


By Haruka