みんな、リアル時給と希望時給は、どれくらいの差があるんだろうか。私はフリーランスで仕事をしていて、時給も自分で交渉する。

仕事の専門性や、準備・拘束時間はもちろん、相手との関係性や、自分にとっての精神的負担も考慮して決める。

この前、夫に「$〇〇で、週4英語レッスン引き受けた」と言ったら、「そんなのでやる価値あるの?」と驚かれた。

私は「英語教えるの好きだからいいの」と答えたが、正直ずっとモヤモヤしていた。

今夜、夕食を取りながら、時給の話になった。我が家は敢えて子どもの前でリアルなお金の話をする。

夫はITなので、正直時給はかなり高めだ。リアルな話をすると、私の時給の3倍くらい。

そんな私も、この国の最低時給の最低1、5倍〜、専門的な分野になると、8倍近い時給で働くこともある。だから正直、主婦の時給としては相当良い方だ。

夫は「自分の時給を安売りしないで」と良く言う。

私は「仕事がない時間は、友達とお茶するか、家で動画見るか、
モールで買い物するかの、非生産的なことしかしていないんだから、例え時給が安くてもやる価値がある」と思う。

夫は「ストレスが発生したら、それはマイナスだよ」と言うが、

私は「仕事をしていない状態が、一番のストレス」と言う。

いつもここで話は終了し、私は相変わらずやりたいようにやっているが、改めて「自分の時給」を考え始めた。

例えば私が自分の時給を$50と設定し、もし$40のオファーがきたら、夫の言うように断るべきなのか。それとも私はとりあえず仕事がしたいから、するべきなのか。それがもし$20だったら私の気持ちも違うのだろうか。

知的財産の価値を決めるのは、とても難しい。

それを武器に仕事をしようとすると、今度は他人の価値観や、それを提供する環境(例えば住んでいる国)の物価、競合他社なども関わってくるので、非常に判断がブレる。


ちなみに夫は「俺はJayZを超えるラッパーになるポテンシャルがある」と自分を信じ続け、今の自分の年収に納得がいっていない男だ。


にほんブログ村


人気ブログランキング


By Haruka