今日は私の【56feijoas】英語レッスンの中身について、ちょっと書いてみようかと。

私の生徒さんは、グループで受ける方、個人の方、我が家に来て受ける方と、オンラインで受ける方と、本当に様々な形態でクラスを受講してくださっている。おかげさまで多いと1日4つ、少ない日も2つはレッスンが入っている。

生活に密着した内容を望む方々には、たくさんの質問時間を設けている。毎回「これ英語でどう言えばいいんだ?」と疑問に思ったものの、SiriもGoogle translateも的確に答えてくれないような内容を、持ってきてもらうのだ。

例えば「別に返金して欲しいわけじゃないですけど、事前に伝えられた値段と違ってて、しかも”これはあなたのために余分にしてあげたから高めになった”的に言うのはおかしいですよね?」を、ケンカ腰で言う方法と、上品に、でも皮肉を込めて言う方法などを伝授したりする。

他には「スーパーのレジで、別に深い話をしたいわけじゃないけど、ちょっと挨拶以上の感じの良い、当たり障りないやりとり」とか、「毎日会う校長先生への声かけバリエーション」とか、「ふふふ、Siri見たか」と思いながら、こういう特殊な質問に答える快感がたまらない。

あとは、仕事の面接を控える人には面接での応答を、内容だけじゃなく、語尾や口癖や助詞の使い方まで、姑が嫁の粗探しをするように、ねっとり、みっちり、細かい指導をしたりもする。

他には、「こういう趣味があって、ここで英語を使いたい」とはっきりされている生徒さんには、私も自分でその趣味のことを勉強しつつ、その趣味の現場で即戦力となるような言い回しを、提案させてもらっている。

あとは平日毎日受講されている生徒さんは、TOEFL対策をしていて、自分で書いてもらった文章を文法・単語・発音・イディオム全ての角度から添削したり、速読のスピードを上げる指導もしている。

上に挙げただけでも、全ての生徒さんの状況と望むものが全然違うので、教えている側の私も本当にすごい量の勉強をさせてもらっているし、毎回全てが楽しくてたまらない。

生徒さんたちも楽しいと思ってくれているといいのだけど・・・(聞かないでおこう)。

こんな英語レッスンに興味を持たれた方、お気軽にこちらからお問い合わせください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka