熱しやすく冷めやすいくせに、節約ゲームが順調だ。

った。これまで、まさかの一気に「食費半分」まで落とし、「リバウンドくるか」とジリジリ警戒していたが、普通にその食費で定着した。とんでもない節約額だ。

が、すごい落とし穴が身近にあった。

テ イ ク ア ウ ト め

まず、クイーンズバースデーの連休に義実家から戻ってきて疲れ果て、そして「ジャンクなアジア食を!」と身体が唸り、Basu loungeでピリ辛餃子とか、担々麺とか、一つ一つは「これ、入ってるもの大丈夫・・・なんだろうな?」と疑いたくなるほどお安い、B級グルメ店でテイクアウト。(でもとっても美味しいから、ぜひお試しを!)

しかし、どんなお店だろうが、我が家はそれぞれの食の好みが違う。そして大食い。なので、私は肉がない系、夫と息子は肉系、娘に至っては、ここの店に食べられるものがないので、別のお店からホットドッグをテイクアウト。

結果、合計この一食で$100いく。

そして、この久々のテイクアウト体験によって「やっぱプロの作ったものはいいわあ」スイッチを押してしまい、また同じ週に、今度は Sal’s でピザを頼む。

ここのピザは美味しくて、超大きくて、家族みんな大ファンだが、トッピングに至っては、全員好みが違う。そして大食い(2回目)。なので、私はベジ系、夫は肉とスパイシー系、息子はペパロニ、娘はチーズ。

結果、ピザだけで合計$80いく。

まあ、こんなことしても、まだ合計はかつての食費よりも全然下回るのでOKだと言いたいところだが、敗北感がすごい。テイクアウト食は、美味しくて幸せなものだったのに、「やっちまった」感を持つようになり、人生の楽しみが減ってしまった気分だ。


どうせ負けるなら、派手に負けちゃった方がカッコイイと思う気持ちと戦っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka