私は物欲モンスターだ。日本に住んでる頃は雑誌のページの全てを買う勢いだった。

ただ、NZに来てから14年。年々物欲がなくなってきている。

どのモールに行っても、規模は違えど入っている店舗は同じ。安かろう悪かろうの方程式はここではまだ健在で、安いものは悪い。

じゃあ高いものを買えば良いかと言うと、そういうわけでもない。「安いものよりは比較的悪さがましになる」程度で、「高いから良い」にもなかなか出会えない。

「どうせ悪いのなら安いので」になった時期の次に、「高いのを買えば良いのかも」期を経て、とうとう「どっちみち全部ダメだ・・・」な末期まで到達しつつある。

その結果、物欲がなくなった。もう欲しいものさえ思いつかない。

さらにはロックダウンが追い打ちとなり、「今までの物欲はなんだったんだろう」と、ちょっと深めに考えるようになった。

た だ の 見 栄 や ん け

に気づいてしまって、あー虚し。

しかも、もっとその考えを掘ってみると、その見栄は他人に対するものでなく、自分に対するものであった。うまく言えないけど、過去の自分に対して「自分こんなに充実した未来送っちゃってるよ」的な。そもそも、NZでは見栄を張る他人もいない。だってみんなマイペースで、他人のことにそんな興味持ってないから!

今はむしろ「未来のパンデミック(可能性)」と「老後」の方が全然気になっていて、過去の自分に対して見栄を張るよりも、未来の自分のための行動をすることの方が大切に思えている。

その結果、「なんか”今”なくていいかも」なミニマリスト思考がさらに加速し、物欲がなくなってしまった。それはそれでつまらない。


今、一番欲しいものは物欲です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka