前回のブログから数日、グミを食べ続け、唇の端っこが切れた。

そして「高校生全国統一試験の試験監督」をするかどうか考え続けた結果、

逃 げ よ

という結論に。

分厚くて細かい資料を、密かに何度も読んでみて、実は「まあ、できないわけではなさそうだ」が分かったにも関わらず断るのを決めたのは、

やっていいのか分からなかった

というのが正直な気持ち。

ただ、普通のお仕事なら「分からない」で断ることはないし、むしろ「一度やると言ったのだから」と責任感を持って取り組むところだが、「試験に向けて一生懸命取り組んできた(特に今年!)高校生たちの運命を決める試験」に、そんな気持ちで臨むべきではないと、こんな適当人間な私でさえ、ちょっとビビったというのが、真実か。

今年のこの先の読めない日々の中、慣れないオンライン授業を受けて、テストに向けて必死に努力してきた高校生たちの勝負の日々を、100%じゃない気持ちで挑む人間が対応してはダメだと、私にしては珍しい方向の考え方で、この結論に至った。

丁寧に理由と断りをしたい旨を、オーガナイザーにメールで送ったら、泣きそうなほど優しい言葉で理解を示してくれた。ノリと勢いで「やっりまーす♪」と手を挙げた過去の自分をぶちのめしたい。

無事、資料の返却も終わり、一つ心のつかえは取れたが、別のものがつかえていることに、お風呂上がりに気づいた。

たった数日の(でも凄まじい量の)グミの大暴食でついた、ほっぺとお腹のお肉のつっかえが取れるのは、いつだろう。


<ランキング参加中。↓クリック↓していただけると嬉しいです。>

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka