昨晩、シャワーから上がったら旦那が待ち構えていて、「明日からまたレベル3だ」と言った。

そういえばシャワーの直前、オークランド市役所勤務の友人がFBで「またトイレットペーパー争奪戦が始まる」とだけつぶやいていて、微妙に気になっていたんだった。

裸のまま携帯を確認すると、たった10分のシャワーの間に相当な数のテキストやメッセージがきていた。いつもなら、学校と理事は教育省から一足先にこういう連絡を受けるのだが、今回はそれもなく、いきなりの政府発表だったため、相当ワタワタした。

タイミング的に今回は急だったからバタついたが、流れとしては、NZ全国民がもう経験したことのあることなので、状況を飲み込めてからの行動はスムーズだったと思う。ただ、スーパーでは大パニックが再び巻き起こっていたらしいが。

今後の経済的なダメージは計り知れないが、小規模な国だからこそのこの機動力は、頼もしいと私は思う。たまたまNZという国に住めた幸運に感謝だ。

さて、私は再ロックダウンを迎えてどうしているかというと、以前のロックダウンとは全然違う状況で、かなり落ち着いて迎えられている。

というのも、5月にロックダウンが明けて以来、ずっとパントリーの中の食料、文房具や生活用品、マスクも含める消耗品は、ストックが一定量を下回らないように保っていたし、仕事も大半をオンラインでする方法で最初から設定していたため、今日も家族が家にいるという以外は、特に変わりのない生活を続けることができている。

4月の下旬時点で既に上記のような「再ロックダウンへの準備開始」とブログに書いたところ、「どんだけ悲観的なのよー」と友人たちには驚かれたが、やっと日の目を見るときがきた。

ドヤ顔で「備えてたもん!」と言いたいところだが、単純に前回のロックダウンで「職を失う」という衝撃を経ての、生活スタイルの方向転換の結果というだけなのだ。それでも今回は仕事にも影響せず、生活も今まで通り続けられていることが、やっぱり喜ばしい。

一方で、オークランドの飲食業の友人たちは再び大きなダメージを受けている。

テイクアウトが許されているうちに、ドーナツ1箱でも、ピザ1枚でも、少しでも貢献できたらいいなと思う。頑張れ!みんな頑張れ!


感染者の早い回復と、これ以上事態が深刻化しないことを、心から祈っています。

<ランキング参加中。↓クリック↓していただけると嬉しいです。>

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka