私は平日、相当自分にプレッシャーをかけて生きている。

朝起きた瞬間からそれは始まる。

インスタに写真を載せ出したお弁当写真のために、毎朝早起きをして、せっせとかわいめのお弁当を作り、子ども達の習い事やプレイデートを管理し、自分は英語クラスのためにそれぞれの人・クラスに適した準備をしたり、他仕事以外にも学校関連の任務があり、正直「いつリラックスしているんだろう」と自分でも思うほど、自分なりに超絶頑張っている。

そのどれも、私にとっては「負けられない戦い」であって、たとえ子どものプレイデートであっても、きちんと部屋を整え、美味しくて健康的なおやつを準備し、みんなが楽しめるようにすごく気を使う。

こんな生き方をしているので、他人と同じことをしても、多分何倍もの労力を使っている。特にキウイのママたちの気楽さに比べたら、10倍くらいパワーを使い、その結果発生する疲れとストレスも10倍な気がする。

ただ、私には「どの部分をどの程度手を抜く」かが分からない。

平日のようにMax100%でいくか、週末のようにMinimum0%の状態になるかの、どちらかの極端しかない。

その点、キウイのママ達はとても上手だ。常に70-80%を目指している印象だ。

友人Tは、1週間分の食材がメニューとともに届く宅配サービスを利用して、献立に悩む時間とストレスをなくしている。友人Sは、習い事の送り迎えが兄弟間のスケジュール上うまくいかない時はUberをうまく使っているし、友人Aは掃除する時間やパワーがない時は、ささっとクリーナーにきてもらってお願いをしている。

なんだったら、今の私のスケジュールだったらこの3つを全て導入すれば、どれだけ楽になるだろうかと思うのだが、「楽=手抜き=負け」という後ろめたさがどうやら私の中にはあって、なんだかんだ踏み出すことができない。

キウイのママ達は、「楽=ストレス減=勝ち」という思考回路がある印象で、積極的に楽をする方法を探るし、それをすることを誇りに思う。後ろめたさは全く感じられない。

結果、彼女達は私みたいコンディションのアップダウンがほとんどないし、精神的にも安定しているし、ちゃんと長期的な目で優先順位を見極めていて、理想的だなと思う。平日ガーッと生きて、週末はほぼ動かない私より、平均点は全然優秀だよなと思う。


「っていうか、何もしない週末に回せばいいんじゃ?」と思ったアナタ、きっとそれが正解。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka