最近の私は、相当つまんない女だ。

普段は、比較的自分を面白い人間だと思っているが、最近は本当につまんない。

どういう意味で「面白い・つまんない」と言っているかというと、「色んな経験やものの考え方をしているから、話し相手として面白い」ということを、ここでは意味している。

そして、そうであるには「色んな経験」「色んなものの考え方」が必須だが、最近の私にはそれがない。

いや、正しく言うと、相変わらずそれは山ほどある。ただ、他人にシェアできない内容ばかりになってしまったのだ。

最近の私は、仕事と理事会を中心に生活が構成されている。

仕事は、翻訳や通訳の内容はもちろん漏らせないし、生徒さんとのレッスンも、基本的にオーダーメイド的に進めているので、レッスン内容を話せば、個人の特定や情報漏洩にも繋がってしまう。

理事会の話といえば、10年に一度の数千万単位の予算が政府から下りたことで、学校のグラウンドに巨大キャノピーを建てることになり、そのプロジェクトの担当者になり大忙しだが、これにまつわるトラブルや「ん?」と思うことなどは、これまた各人の名誉や機密に関わることになるので、口外厳禁の内容である。

・・・となると、話すことがないのだ。ネタがないのだ。

そして、そんなつまんない女になった私は、友人たちを無意識に避けるようになってしまった。だって、本来は(自称)面白いはずの私が、天気について延々と話すような事態は、私自身が許さない。

「今日、お茶したい人ー?!」とメッセージが来ても、「予定あるわ・・・涙」とチキショー感はちゃんと出しつつも、即答で断りを入れる。

今まではあえて早めに行って、保護者友達とのトークを楽しんでいた学校へのお迎えも、最近では分単位でギリギリを争って行くようになり、今日はついに、早めに帰宅した息子をお迎えに行かせた。

こんな私の変化に友達はみんな恐らく気づいていて、あの手この手で私を外界に引っ張り出そうとしてくれていることは、なんとなく感じている。しかし、私は今日も「口内炎ができたからお茶には行けない。涙」とお得意チキショー感で、誘いを断った。

今週から、様々な送別会、クリスマス会、慰労会、と言う名の「口内炎ごときでは断れない集まり」が次から次へと押し寄せてくる。


面白ネタを探すのが先か、ものもらいになる方法を探すのが先か。

<ランキング参加中。↓クリック↓していただけると嬉しいです。>

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

By Haruka