私は色んなことを急に「ハッと」思い立つ人間だが、その思い立ったことを行動に移す難しさもよく知っている。

特にHSPとしては、その思いつきに自分以外の人間が関わるとなると、「迷惑にならないかな」とか「こんなこと、いいのだろうか」と考え始めると、行動に移せないまま終わることも多い。

その中でも特に小さいことを例に挙げると、急に「何年も前に出会った〇〇さん」を思い出して「久しぶりに連絡取りたいな」と思ったとしても、まず「メアドもう変わっちゃってるかもな」とか、「こんな何年も連絡取ってなくて今さら話すことないですけど」と思われたり、なんなら「誰?」となったらもう悲しいし恥ずかしい、とか考えて、結局行動に移せないことが多い。

あとは小さなことだと、インスタで見たドーナツ屋さんに行ってみたい(しかも家から3分)と思っても「娘は好きそうじゃないな」とか「駐車難しそうだな」とか、即解決しそうなことさえも、行動に移すバリアとなる。

今は行動に移さない理由として、さらに「コロナだから」が加わるから、私の「思い立ち〜行動」間に通行止めが発生しまくっている。

大きめのことだと、「サモア語を習おうかな」はもう15年ほど勇足だし、「車をもう一台買うかな」だって行動までに5年くらいかかった。暖炉の色を茶色から白にするのも3年とロックダウンを経てようやく行動に移したし、思い立ってから行動までの発酵時間が長すぎて、いざ行動すると「あれ?思い立ったのって本当にこれだったっけ?」となることもよくある。

そんな私なので、誰かに急な思い立ちで連絡をもらったり、思い立ちで何かしてもらうことに、おそらく相手が戸惑うほど感謝する。

相手は全く気負わずにしてくれたことかもしれないけど、私だったらただメッセージすることさえも「今、タイミング悪いのに勘弁!と思われるかも」とか考えて躊躇するから、向こうからもらうことがとても嬉しい。

今週は、そんな幸運がたくさんある週だった。

かなり前の生徒さんやお客様がこのブログをきっかけにメールをくれたし、20年以上前に海外で出会った人から連絡が来たり、学校のママ友だけど最近会えていない人からのテキストとか、近所の友人がふと思い立ってプレゼントを郵便受けに入れてくれたり、「思い立ちを即行動に移せない病」の私からすると、(本人たちにとったらさりげないことかもしれないが)行動に移してくれたことが、本当に有難い。

今日のブログを見て、私の友人たちは「あんなに行動力あるのに!」と言うと思う。私の親でさえも私を「行動力ある人間」と思っている。

それはね、私は行動をすると「したよしたよ、行動に移したよ!」とすごく主張するから、すごく行動しているような印象を持たれるだけ。思い立って行動に移すことが当たり前の人々は、それを人に伝えようなんて考えないんじゃなかろうか。「今、息してます私!」っていちいち言うことを考えもしない感じで。

そんなこんなで、周りの皆様に影響されて、今週の私の「思い立ち〜行動」間バリアは通常より低くなっておりますゆえ、ブログの頻度も異常に上がっているのであります。

私!今日!ブログ!思い立って!書いたよ!

ということで。


<ランキング参加中。↓クリック↓していただけると嬉しいです。>
にほんブログ村











By Haruka